コラム アーカイブ - お助け!ガスコンロ交換

ガスコンロ交換の業者を選ぶ時の気を付けるポイント

ガスコンロは毎日使うものなので、故障してしまうととても不便です。長く大事に使っていても、そのうち、コンロの片方が使えなくなってしまったり、魚焼き器が壊れてしまったりします。最近調子が悪くなってきたなと感じたら、ガスコンロを交換しましょう。

ガスコンロはホームセンターなどで展示、販売されていますので、いろいろ見てみましょう。ただし、ご自宅のコンロがどのくらいの大きさなのか、ちゃんと縦、横、高さをチェックしてから見にいきましょう。そうすれば間違いないです。コンロのデザインも様々なものが販売されています。光沢があるものもあり、また色もいろいろありますので、ご自宅に合いそうなものを選びましょう。見た目で迷ってしまう場合は、機能面、使いやすさも考慮して選んでみましょう。また、同居しているご家族の意見を聞いてみるのも良いでしょう。そうすれば納得のいくものを購入することができます。

ガスコンロ交換をするときの注意点ですが、業者を選ぶ時、気を付けるポイントがあります。依頼する時は必ず見積もりを取ってください。また、今まで使っていたコンロを引き取ってくれるのかも聞いておきましょう。この点に注意して、新しいコンロを選びましょう。

» 続きを読む

ガスコンロを使用することでのメリット

様々な技術が進歩し、オール家電の家が増え、ガスコンロは減少しつつあります。しかし素晴らしいメリットはたくさんあります。調理器具を選ばないのでどんな調理器具を使っても料理しやすいです。土台が安定しているので底の丸い中華鍋も使えます。鍋振り料理もしやすいことも魅力のひとつです。火を使っての調理なので、動くのが億劫になりがちな冬でもすぐ暖かくなって料理がしやすいです。直接火をあてているので、IHより調理器具もあたたまりやすいです。

停電してしまった時、オール家電だと何もできませんが、ガスコンロは停電関係なしに使用できるというメリットがあります。最近のものは安全性も高く、お手入れも楽です。直接火加減を見れるので、調理時間などもイメージしやすいです。火の通り方にもムラが少ないので、美味しい料理ができます。

子供に美味しい料理の作り方と火の危険さを学ばせる場所は台所です。HIは確かに便利かもしれませんが火の危険さを学ぶことができません。停電してしまうと使えません。また、炎が上昇気流しているため、汚れは真上の換気扇に集中します。美味しい料理を作るためにも、子供に火の危険さを教えるためにもガスコンロは必要不可欠と言えるでしょう。

» 続きを読む

ガスコンロ交換のタイミングはどう見極める?

調子が悪くなったガスコンロをそのまま使い続けていると火災の原因にもなります。ガスコンロを安全に使い続けるためにも寿命や交換のサインを知っておくことは大切です。一般的にガスコンロの寿命は10年と言われています。しかし、普段お湯くらいしか沸かさない場合と毎日朝昼晩料理をする場合を同じに扱うことはできません。こまめに手入れしている場合と汚れなど全く気にしていない場合とでは寿命も違います。10年という寿命はあくまで目安として、ガスコンロ交換のサインを見逃さないほうが大切です。

では、具体的にガスコンロ交換のサインとはどのようなものがあるのでしょうか。最もわかりやすいサインは火がつきにくくなったり、ついてもすぐ消えてしまうという症状です。その他にも火力の調整がうまくできなくなったり、変な音がするようになったりしたら交換のサインと考えて良いでしょう。2口ある内の1つだけ調子が悪くなったとしても交換を検討したほうが懸命です。火やガスに係る器具の故障は重大なトラブルに繋がりかねません。

交換のタイミングなのか判断に迷う場合はプロのアドバイスを求めてみるのも1つの方法です。修理して使い続けることができるのか、交換したほうが良いのかを的確に判断してくれます。ライフスタイルに合わせた新しいガスコンロのタイプも提案してくれるのではないでしょうか。

» 続きを読む