ガスコンロ交換のタイミングはどう見極める? - お助け!ガスコンロ交換

ガスコンロ交換のタイミングはどう見極める?

調子が悪くなったガスコンロをそのまま使い続けていると火災の原因にもなります。ガスコンロを安全に使い続けるためにも寿命や交換のサインを知っておくことは大切です。一般的にガスコンロの寿命は10年と言われています。しかし、普段お湯くらいしか沸かさない場合と毎日朝昼晩料理をする場合を同じに扱うことはできません。こまめに手入れしている場合と汚れなど全く気にしていない場合とでは寿命も違います。10年という寿命はあくまで目安として、ガスコンロ交換のサインを見逃さないほうが大切です。

では、具体的にガスコンロ交換のサインとはどのようなものがあるのでしょうか。最もわかりやすいサインは火がつきにくくなったり、ついてもすぐ消えてしまうという症状です。その他にも火力の調整がうまくできなくなったり、変な音がするようになったりしたら交換のサインと考えて良いでしょう。2口ある内の1つだけ調子が悪くなったとしても交換を検討したほうが懸命です。火やガスに係る器具の故障は重大なトラブルに繋がりかねません。

交換のタイミングなのか判断に迷う場合はプロのアドバイスを求めてみるのも1つの方法です。修理して使い続けることができるのか、交換したほうが良いのかを的確に判断してくれます。ライフスタイルに合わせた新しいガスコンロのタイプも提案してくれるのではないでしょうか。